Skip to content

TEAM™WDS 分析システム

TEAM™WDSシステムは、TEAMソフトウェアプラットフォームの直感的なワークフローと波長分散分X線分析装置(WDS)の分析能力を組み合わせて、最高のエネルギー分解能で微量成分分析を可能にします。TEAM WDSのスマート機能は、検出器の設定を最適化し、データ収集を自動化、TEAM EDSと完全に一体化することで、ユーザーは効率的に正確な結果を得られます。
TEAM™ WDS

TEAMシステムにWDSを追加すると、エネルギー分散分X線分析装置(EDS)、結晶方位解析装置(EBSD)、WDSの3つのマイクロアナリシスツールが1つのインターフェイスに統合され、材料の評価解析がすばやく簡単に行えます。

TEAM WDSシステムは、TEAMソフトウェアと平行ビーム波長分散型X線検出器の組合せです。EDS分析における軽元素分析を補完するためや、ピークの重複が場合になる場合にWDSを使用します。WDSのエネルギー分解能の向上と検出下限の向上により、ピークの重なりが明らかになり、微量成分を効果的に検出し、サンプルの化学的性質を明確に把握できます。 定性分析と定量分析の両方に対応しています。

スペクトロメータ

TEAM WDSには以下のLambda スペクトロメータに対応しています:

  • Lambda Plus - 光学系にポリキャピラリーを採用し、遷移元素の分析に効果を発揮し、150eVから10keV (B Kα to Ge Kα)の範囲が測定できます。
  • Lambda Super - デュアル光学系システムは、特許出願中の高集光、高反射X線光学系で、B、C、N、Oの軽元素領域で究極の効果を発揮します。ポリキャピラリーとの組み合わせにより最大15keVまで高強度が得られ、100 eVから15 keVまでの範囲が測定できます。

更にWDSスペクトロメータは走査型電子顕微鏡(SEM)のほとんどすべてのEDSポートに搭載可能なため、その他のWDSと比較してシステム構成の自由度が飛躍的に向上します。

TEAM WDS ソフトウェア

TEAM WDSは完全に自動化されたWDS分析のためのオートフォーカス機能スマートフォーカスを導入しました。この重要な機能は、WDS分析のためにステージ位置を最適化し、すべての元素で最高の強度が得られます。スマートフォーカスは、最初に実行することで、最高品質のデータが収集でき、WDS分析に新しいレベルのスピードと使いやすさを提供します。スマートフォーカスを実行すると、ユーザーは元素かエネルギー範囲を指定するだけで、光学系の焦点合わせを気にせず、マウスを3クリックするだけでEDSピークの重複を解決できます。

アプリケーション
TEAM WDSは 以下のアプリケーションに最適です:
  • 低加速分析 - 5 keV以下の低エネルギーX線しか利用できないアプリケーションです。確実な定性分析、高精度の定量分析のためにWDSのエネルギー分解能が必要になります。
  • 重複ピーク - 4 keVから10 keVのエネルギー範囲は特に遷移元素のK線と難揮発性元素のL線が重複します。
  • 微量成分分析Trace analysis - 研究内容によっては、複雑なマトリックス中の微量成分を決定する必要がある場合があります。