2019 EDAX/TSL 材料分析セミナー開催のお知らせ

この度、弊社では昨年に続き本年も 「材料の特性を元素と組織から解く新たな挑戦」 と題したセミナーを 株式会社TSLソリューションズ様と共催することとなりました。

EDS関係を中心にX線分析装置を取扱うEDAX製品と、EBSD関係を中心に組織解析装置を取扱うTSL製品につきまして、それらの分析手法、アプリケーションあ るいは装置の動向等に関し、両者が持つ技術を総動員してご紹介いたします。

*開催日:令和元年11月7日(木) 13時~17時30分

*会場:化学会館(御茶ノ水駅より徒歩10分) http://www.chemistry.or.jp/access/

*セミナー内容: テーマ 「材料の特性を元素と組織から解く新たな挑戦」

12:20~12:50: 受付

13:00~13:10: 開始のご挨拶

13:10~13:50: 最新EBSD検出器事情とOIM Analysis8.1の新機能について: 株式会社TSLソリューションズ 城正満

13:50~14:20: EDAX・EDS の特長とそのメリット: アメテック株式会社 川畑正伸

14:20~15:10: OIM Matrix: Dynamical EBSD Pattern Simulation: EDAX INC Stuart Wright

休 憩

15:30~16:00: TEMを用いた結晶方位マッピング--- 最新のASTAR/TopSPIN:株式会社TSLソリューションズ 鈴木清一

16:00~16:40: Spectral analysis using APEX 2.0 integrated EDS/EBSD software:EDAX INC Jens Rafaelsen

16:40~17:20: 旧オーステナイト粒再構築ソフト(ROPA)およびCrossCourt を用いた弾性歪み測定の最新事情のご紹介:株式会社TSLソリューションズ 吹野達也

17:20~17:30: 閉会のご挨拶

*定員: 80名

*参加費:無料

*お申込み:TSLソリューションズ ホームページの 2019 EDAX/TSL 材料分析セミナー開催のご案内」 よりお申込みください。

https://www.tsljapan.com/archives/3026

  • 先着順で、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
  • お申込みは1部署(1研究室)2名様まででお願いします。

折り返し、お申込み受付の返信メールをお送りいたします。
なお、募集人員を超えた場合は、キャンセル待ちとして改めてご連絡させていただきます。

分析手法や装置の最新情報を把握し、分析手法の幅を広げたいとお考えの皆様の参加をお待ち申し上げております。