Elite T EDSシステム

Elite Tは高速SDDと最新の集積エレクトロニクスを用いた、透過電子顕微鏡(TEM)のための次世代のEDSシステムです。
EDAX Elite T EDS System
最適な結果を得るために立体角(SA)を大きくしました

Elite T EDSシステムの設計は、実現し得る最高の性能を保証するための最適な形状を提供します。選ばれたTEMモデルのデュアル検出器オプションで、2ステラジアン(sr)以上の立体角を実現できます。これは係数率を高め、繊細な試料のデータをより素早く収集できるようにします。

Elite Tにより収集されたSiO2サンプルを示すスペクトラム。
Elite Tにより収集されたSiO2サンプルを示すスペクトラム。

ウィンドウレス設計

Elite T検出器は、通常はモジュールの前の付いている保護ウィンドウが不要になるよう、特別に設計されています。この設計は:

  • 検出器の軽元素感度を高めます
  • マッピング速度を高め、低濃度での軽元素検出を強化します
  • 信号と最大限に接触するよう、柔軟なセンサー配置が可能です

利点

総合データ取得と信号処理エレクトロニクス
  • 検出限度を高め、より良好な信号/ノイズ比が得られるようノイズを低減
検出器に組み込まれたインテリジェンス
  • 使用者の介入が不要な、安全位置への自動格納
自動較正アルゴリズム
  • 高速で繰り返し可能、精密な設定
TEAM™ソフトウェアスイートを使用することで、分析時間を最適化し、試料の中から可能な範囲で最高のデータを得ることができます
  • スマート定量 - TEAM™ソフトウェアに複数の強力な定量化ルーチンが実装されています
  • スマートトラッキング - 設定で最適な作業条件を得られるようにします
  • EXpert ID - 革命的なワンステップピーク特定プログラム
  • スマートマッピング - 必要な収集時間を自動的に決定し、サンプル中に存在する元素を特定します。
  • スマートドリフト - パラメーターをモニタリングしてダイナミックに調整することで、ドリフト変更を説明します
  • スマートデータ管理 - より使いやすい、シンプルなファイル管理を可能にします