Orbis Vision ソフトウェア

Orbis Visionソフトウェアは、複雑な制御を可能にすると同時に、ユーザーにとって使い易いインターフェースを提供します。試料ナビゲーション機能により、シンプルなポイント分析、自動分析のための複数の試料位置の保存、Orbisの分析と他の装置の分析を相関させるための他のツールからの試料画像のインポートが可能になりました。
Vision Software

 

  • 定量分析ソフトウェアには、スタンダード使用または不使用で試料を定量分析するためのEDAXの特許取得済みのファンダメンタルパラメータ法定量分析ソフトウェアが含まれます。
  • 軽元素マトリスにおける微量成分 (例:プラスチック中のRoHS指令指定元素) を定量するためのトレースFP法ソフトウェア
  • Lucas-Tooth and Pyneモデルを用いた検量線ソフトウェア

Visionソフトウェアには、経験のあるユーザーが複雑な分析を完了するのに必要なパラメータを保存して、他のオペレーターが繰り返し使用できるようにするための、タスク保存機能もついています。

Orbis Visionと併用できるオプションのソフトウェアパッケージ:
  • Spectral Mapping:すべての画素のスペクトルを保存するスペクトルイメージング
  • Image Processing (画像処理): ホットスポットがあるところでの低強度機能を際立たせる、EDAXの3バンドログスケーリング画像処理を含みます。
  • LineScan: ラインスキャン結果とCCD画像の重ね合わせ表示可能
  • Alloy ID (合金識別): 組成に基づいて材料を識別できるようにします。
  • Coating Analysis (膜厚測定): 標準箔を用いて、または標準箔なしで、FP法により膜厚と組成を測定します。 
  • Spectral Matching (スペクトルマッチング): 未知のスペクトルをユーザーが作成した既知のスペクトルのスペクトルデータベースと比較して材料を同定します。