TEXS

遷移元素用X線検出器 (TEXS) は、平行ビームを得るためにX線光学系を備えたWDS分光器です。TEXSは150 eVから10 keVの低エネルギーから遷移元素のエネルギーを扱うのに最適化されています。
TEXS

TEXS HPは、150 eVから10 keV (B KαからCu Kα) のエネルギー範囲を測定できる、 (ハイコレクションオプテックス (HCO) に代わる) キャピラリー光学系を用いた平行ビーム波長分散型X線検出器 (PBS) です。TEXSは低エネルギーおよび遷移元素エネルギーを扱うのに最適な設計です。

  • 直感的で使いやすいTEAM™ ソフトウェア。
  • 標準EDSポートに簡単に取り付けられるよう設計されたコンパクトな検出器
  • 軽量 – 45 lbs (20.5 kg)。
  • どのアプリケーションにも適合するよう、5つの分光結晶を標準装備。
  • キャピラリー光学系を取り付けて強力な平行X線ビームを生成します。
  • 遷移元素のほとんどの α/βオーバーラップを解消。
  • スマートフォーカス ルーチンは、WDS信号強度を最大化するように試料高さを調整し、検出器の最適なパフォーマンスを保証します。

TEAM™ WDSの主な特長の利点を見るにはここをクリックしてください。