Skip to content

ウェビナー

  • 変形微細組織のEBSD分析
    変形微細組織のEBSD分析

    木曜日, 2月 27, 2020

    あるオンライン科学雑誌検索エンジンによるEBSD論文の調査によると、EBSDの最も一般的な用途は、結晶性材料の変形の研究であることを示しています。歪の指標の1つは、粒内の方位に局所的なばらつきがあることです。発表された多くの研究で証明されているように、EBSDはこれらの局所的な方位を解析するのに非常に適しており、変形を研究するための優れたツールです。このウェビナーでは、EBSDパターンとEBSDマップから歪について収集できる内容を確認します。変形した微細組織を分析するためのOIM Analysis™で使用可能なツールについて説明し、ケーススタディを通じてアプリケーションの進め方を紹介します。

    ダウンロード

  • EDAX指数付けルーチン、Houghパラメータの理解とトラブルシューティング
    EDAX指数付けルーチン、Houghパラメータの理解とトラブルシューティング

    木曜日, 1月 23, 2020

    EBSDデータ解析の基礎は、正しい指数付け結果を得ることです。EBSDパターンがどれだけ良くても、設定が間違っていると指数付けに問題が生じる可能性があります。正しい設定は、サンプルの種類によって大きく異なります。これらのパラメータが何をコントロールし、データにどのように影響するかを理解することで、指数付けの精度が向上します。このウェビナーでは、EDAX指数付けルーチンの基礎と、それがHough変換とどのように相互作用して最終的に方位を決定するかを理解することに焦点を当てます。さらに、よくある間違いや問題について、それらの修正方法についても説明します。

    ダウンロード