ナノテクノロジー

Nanotechnology
ナノテクノロジーはまだ新しい分野とみなされており、1~100 nmの範囲の機能的構造を扱うものとして通常定義され、その歴史は数百年に渡ります。さまざまな寸法のナノ粒子をセラミックやガラスに添加することで、色とりどりのステンドグラスの窓が生まれます。また、鋼にカーボンナノ粒子が含まれると、より鋭くより耐久性のある刃になります。当時ナノ粒子の存在は知られていましたが、走査電子顕微鏡 (SEM) と透過電子顕微鏡 (TEM) の開発によって、その構造を視覚化できるようになったお陰で、ナノメートルスケールの物質の機能性と振舞いを理解できるようになりました。

ナノテクノロジーは通常極めて広い分野で、医薬品産業、生命科学、工業製品、食品科学、材料研究、エネルギー部門、および半導体産業などはその一例です。これらの異なる分野すべてに共通するテーマは、ナノメートルスケールの特徴と構造を視覚化および特性化することで、ここではエネルギー分散型X線分析装置 (EDS)、後方散乱電子回折 (EBSD)、蛍光X線分析装置 (XRF) がどれも計り知れない価値を持つツールであることが証明されています。

XRFアプリケーションの例の1つは、太陽電池または反射防止被膜産業で、厚さと組成を研究所だけではなく、品質管理のために生産ラインでも測定できるようにします。EDSは、特に組成と潜在的な表面酸化または組成的変化を単一の粒子スケールでイメージ化できる、TEMとの組み合わせで、必要な情報を提供します。扱う対象が小さいため、通常のEBSDを補う技術としても、透過EBSD/TKDがよく使用されています。