鉱物学

mineralogy image
鉱物を本当に理解するためには鉱物の結晶構造と化学的性質の両方を知る必要があります。これらのデータを組み合わせることで、鉱物が形成された過程やその分布の仕方をより深く理解し、これらを資源として利用する最善の方法をみつけるのに役立ちます。

X線マッピング (EDS) とOIMスキャン (EBSD) によって、私たちは原子配列から圧力と温度までの材料特性を真に把握することができ、何かが形成される圧力や温度を知り、圧力と温度の条件が変わることで、その材料特性がどのように変化するのかを知ることができます。マイクロアナリシスから得られた知識を用いて、材料が原子レベルでどのように反応するのかを知ることで変形について理解し、惑星スケールではどのように惑星が形成されたのか、あるいはその他さまざまな過程を理解することができます。