Octane Elect (オクタンエレクト) EDSシステム

Octane Elect EDS システムは、シリコンドリフト検出器 (SDD)の テクノロジーと高速エレクトロニクスの最新の進歩を取り入れた、エンハンス型エネルギー分散型X線分析装置 (EDS) プラットフォームです。初歩的なレベルのシステムで利用できるオプションよりも高い性能と機能性を求めるユーザーのために設計された Octane Elect EDS システムは、軽元素検出と低電圧 (kV)マイクロアナリシスのための、注目に値する低エネルギー感度で優れた分解能と高いスループットを提供します。
Octane Elect Silicon Drift Detector

Octane Elect SDD は、シリコンナイトライド (Si3N4) 製ウィンドウを採用し、高速エレクトロニクスと手動スライドが組み込まれています。これらは、Pegasus EDS-EBSD分析システムの一部としてEDAXのEBSDカメラと組み合わせることで、元素組成分析と結晶方位解析の両方を1つの使いやすいパッケージにシームレスに統合できます。より詳しい情報については、TEAM™ Pegasus EDS-EBSD 分析システムのページをご覧ください。

Octane Elect SDDには2つのモデルがあります:
Octane Elect Plus - 30 mm2 検出素子
Octane Elect Super - 70 mm2 検出素子

最高の軽元素パフォーマンス

Si3N4 ウィンドウを使用するOctane Elect SDDは、ポリマー製ウィンドウを使用する検出器と比べて、X線透過率が著しく改善されるため、材料分析をする方に大幅に向上した軽元素パフォーマンスと、より重要なデータを提供します。

低kV性能

窒化シリコンの機械的特性により、アスペクト比の小さい支持格子が付いた薄型のウィンドウを使用できることで、低エネルギー感度と最適な低電圧分析に大きな利点をもたらします。

利点

高計数率におけるエネルギーの安定化のために最適化されたSDDエレクトロニクス
  • マッピングと定量分析のための高速パルス処理
  • あらゆるカウントレートで最適なデータ品質
  • マッピング速度の400,000cps以上での高分解能定量分析
スループット

最新の検出エレクトロニクスを用いたEDAX EDSシステムが、可能な範囲で最高の分析と高い生産性を実現する、市場最高のスループット計数率を提供します。

信頼性

SDDのSi3N4製ウィンドウの材料特性と耐久性を備えた設計で、最も堅牢で信頼性の高い、すべてのEDSアプリケーションに適した検出器を提供します。このユニークな設計は、これらが耐腐食性と耐衝撃性を備えており、プラズマクリーナー対応であることを意味します。

APEX™EDS分析ソフトウェアを使用すると、分析時間を最適化し、サンプルから可能な限り最高のデータを取得できます。

APEX™は、その使いやすいインターフェース、ライブグラフィック表示、および同時レビューモードにより、高品質で正確な結果と生産性の向上を保証します。詳細についてはAPEX™ソフトウェアのページをご覧ください。

  • EDSアプリケーション用のAPEX™分析ソフトウェアの標準
  • 統合EDS-EBSDアプリケーションに利用可能なEDAX分析ソフトウェア