美術品、考古学および保存科学

Mapped vase
美術品や考古学試料を見る時、そのオブジェがどのように作られたのか、どのような物質からできているのか、どこで作られたのか、またどのように保存したらよいのかなどを知る前に、大抵の場合、答えなければならない多くの問いがあります。  

近代的な研究所では、あらゆる種類のマイクロアナリシスツールを用いてこれらの問いに答えます。絵画では、年代と由来の両方を知るために、EDS、WDS、およびXRFを用いて、特定の色を作るために、どのような顔料が使用されているのかを決定することができます。

考古学的遺品に対して、例えば、剣の刃を鍛造するためにどのような鍛造技術が用いられているかを知るために、微細構造分析 (EBSD) を用いることができます。これらすべての宝物について、腐敗や腐食の生成物を調査し、未来の世代のために遺物を保存する最善の方法を決定するのに役立てることができます。  過去の品が芸術的、人類学的、歴史的、または考古学的なものであるかによらず、弊社のマイクロアナリシスメソッドは、問題と疑問へのソリューションと答えをみつけるのに役立ちます。