科学捜査

Forensics image with map
犯罪科学捜査は、法執行の場面で化学と分析技術を応用します。複数の異なる分析方法を用いて、一連の出来事の再現または確認に役立てるために、犯罪現場から回収された物質を同定することや、捜査分析を行うことが可能です。犯罪科学捜査、法医学は、その研究、実践およびプレゼンテーションが科学界と法曹界の両方のニーズとスタンダードを満たさなければならないという点が特徴です。

エネルギー分散型X線分析装置の付いた走査電子顕微鏡装置は、射撃残滓 (GSR)の粒子分析に使用することができます。これは科学捜査研究員が発射された銃器を決定するために最も頻繁に使用するアプリケーションです。Micro-XRF も、最低限の準備で、または準備を必要とせずに非破壊的方法で試料を分析できるその性能のため、よく利用されるもう一つの技術です。科学捜査における痕跡分析の最も広く普及しているアプリケーションの一つは、ガラス片の組成を識別し、同じ由来のものかどうかを決定することです。マイクロ-XRFの科学捜査におけるその他の用途には、火薬、繊維、塗料、塗料片、インク、偽造品、ガムテープの分析などがあります。

その他のアプリケーション
違法な研究室の残留物
ガラス片の分析
射撃残滓分析
インクの分析
XRF 射撃残滓分布分析