分野/アプリケーション

  • Art icon
    美術品、考古学および保存科学

    美術品や考古学試料を見る時、そのオブジェがどのように作られたのか、どのような物質からできているのか、どこで作られたのか、またどのように保存したらよいのかなどを知る前に、大抵の場合、答えなければならない多くの問いがあります。

    読み続けます
  • Forensics icon
    科学捜査

    犯罪科学捜査は、法執行の場面で化学と分析技術を応用します。 複数の異なる方法を使用して、犯罪現場から回収された物質を同定したり、調査を実行したりすることができます。

    読み続けます
  • Life sciences
    ライフサイエンス

    ライフサイエンスは、単細胞微生物から複雑な生物形態まで、植物と動物を含めた生物を扱う研究分野です。 顕微鏡検査は、細胞材料および構造物の内部動作を理解するために使用される不可欠な技術です。

    読み続けます
  • Materials science icon
    材料科学

    私たちの世界は物質からできており、私たちの生活のほとんどすべての側面が、私たちを取り囲む物質から影響を受けています。 材料の開発、アクセスしやすさおよび利用しやすさは、技術的・経済的進歩を推進するのに役立ちます。

    読み続けます
  • Metals icon
    金属

    金属は私たちの世界のバックボーンを形成します。金属は一般に強く、また変形可能であり、その結果、様々な用途において構造材料として使用されます。金属はまた、電気の良好な導体であり、マイクロエレクトロニクス回路の接続材料として使用されます。

    読み続けます
  • mineralogy icon
    鉱物学

    鉱物を本当に理解するためには鉱物の結晶構造と化学的性質の両方を知る必要があります。これらのデータを組み合わせることで、鉱物が形成された過程やその分布の仕方をより深く理解し、これらを資源として利用する最善の方法をみつけるのに役立ちます。

    読み続けます
  • Nanotechnology icon
    ナノテクノロジー

    ナノテクノロジーはまだ新しい分野とみなされており、1~100 nmの範囲の機能的構造を扱うものとして通常定義され、その歴史は数百年に渡ります。さまざまな寸法のナノ粒子をセラミックやガラスに添加することで、色とりどりのステンドグラスの窓が生まれます。また、鋼にカーボンナノ粒子が含まれると、より鋭くより耐久性のある刃になります。

    読み続けます
  • Energy icon
    再生可能エネルギー

    太陽光、風、水流、地熱など、再生可能資源から作られる再生可能エネルギーは、急成長しつつある産業分野です。 再生可能エネルギー部門では、通常、研究者が効率を高め、コストと、場合によっては重量も低減し、これまで十分に活用されていない資源を利用することを追求する上で、さまざまな材料関連の問題が生じます。

    読み続けます
  • Semiconductor icon
    半導体

    1970年代以来、半導体産業は、すさまじい発展を遂げ、プロセスノードは数ミクロンから100ナノメートル以下になり、トランジスタ数は数千から数十億まで増大しました。歴史的に、半導体産業は,関連する分析技術とともに、走査電子顕微鏡 (SEM)、透過電子顕微鏡 (TEM) および集束イオンビーム (FIB)開発の原動力の1つでした。

    読み続けます