SKY5083材料におけるGBSから転位クリープへの移行

Naval Post Graduate SchoolのTerry McNelley氏にご協力いただきました

Transition to GBS from Dislocation Creep in a SKY5083 Material

粒界スライドからSKY5083シート材料の転位クリープまで、EDAX TEAM™ EBSD 分析システムが移行を示します。

超塑性SKY5083シート材料の機械的特性が、拡散補正されたひずみ速度対モジュール補正された応力のプロットとして左上に示されます。

試料は、シートの圧延方向 (RD) に沿って引張変形します。データ (記号) は、粒界すべり (GBS) と転位クリープによる変形への個々の影響と一致します。(応力指数 n が2の値を持つ) GBS レジーム で変形させた2つの試料には、下の2つの挿入図の離散的な極点図と粒子マップによって示される、ダイナミックな結晶粒成長とランダムなテクスチャが見られます。 粒界マップは、連続的なイメージクオリティ像とランダムな色の重ね合わせにより表示されます。

転位クリープレジーム (n = 5) で変形させた試料には、引張軸と一直線になる<100> または <111> を持つ粒界を構成する2つの成分の繊維テクスチャの成長が見られます。右側の2つの挿入図に、離散極点図と粒界マップを示します。

参照:
M.T.Pérez-Prado、G. González-Doncel、O.A.Ruano、T.R.McNelley。「Texture Analysis of the Transition from Slip to Grain Boundary Sliding in a Discontinuously Recrystallized Aluminum Alloy (滑りから粒界すべりへの移行のテクスチャ分析」、Acta Mater.、弟49号、(2001年) p2259 - p68