Skip to content

射撃残滓 (GSR) 分析

EDAX GSR 射撃残差自動分析パッケージは、大抵の銃弾の製造に使用される雷管または火薬に由来する鉛、バリウムおよび/またはアンチモンの成分が含まれる粒子を自動検出します。  このパッケージは、銃器の発射を示す3つの成分、2つの成分および単一の成分のGSR粒子を収集し分類するために設計されています。  操作設計は、検出の速度と精度を特徴としつつ、ルーチン操作のワークフローを提供します。

主な利点 - 最も近代的なSEM。高品質のモーター駆動ステージ、BSE検出器とマルチスタブホルダー。

設定が簡単 - データ収集と分類のパラメータを保存して再使用

素早く正確な検索 - GSR粒子の複数のフィールドと複数のスタブの、操作が不要な自動検索

長時間分析によるドリフトの補正 -BSEイメージキャリブレーションにより、長時間の解析でもビームドリフト量が適度であっても試料の連続分析ができます

標準ファイル形式 - すべての画像とスプレッドシートデータが、占有的なベンダー独自のファイル形式に制限されることなく、標準ディレクトリに標準ファイル形式で保存されます。

素早く簡単な分類、レビューと承認 - 標準GSRクラスライブラリを使用して粒子を分類します。ライブラリにクラスを追加または独自のライブラリを作成。自動的に分析し、走査電子顕微鏡 (SEM) に試料を戻さずに完全なデータセットを再分類します。

さまざまなレポート機能 - Word テンプレート、クラスごとに分類されたスペクトルレビュー、粒子画像とスペクトル、組成の三角ダイアグラム、その他。

EDAX 射撃残留物粒子分析パッケージは、大抵の銃弾の製造に使用される雷管に由来するアンチモン、バリウム、鉛の成分が含まれる粒子を自動検出します。

Gun Shot Analysis

射撃残留分析パッケージがアップデートされ、以下の新しいイメージ較正機能が追加されました :

  • 各構成画像の自動保存
  • ビデオ較正の結果が記載されたサマリーファイル
  • SpecUtilを用いた、粒子とGSRデータのための新しいレポート機能