誘導フローゾーン溶融を用いて処理されたO + BCC Ti2AlNb合金の微細構造、引張りおよびクリープ挙動

Alfred UniversityのCarl Boehlertによる寄稿
ロスアラモス国立研究所のジョンビンガート

Microstructure, Tensile, and Creep Behavior of O+BCC Ti2AlNb Alloys Processed Using Induction-Float-Zone Melting

Microstructure, Tensile, and Creep Behavior of O+BCC Ti2AlNb Alloys Processed Using Induction-Float-Zone Melting

局部誘導 - 浮遊帯域溶融(IFZM)によって生成されたTi-26Al-27Nb(at。%)ロッドの縦断面から得られたOIMデータである。 IFZMプロセスは、凝固の際に形成される親体中心立方(BCC)構造から低温斜方晶相の単結晶を成長させることを目的としていた。ロッドは斜方晶相(O)の単結晶から成っていないが、親BCCから沈殿した細かいOラスは、いくらかのBCC相が残っている。

マップは、6つの解決可能なOバリアントを強調表示するために色付けされています。マップおよび極点図の水平方向は、縦方向のロッド方向に対応します。このマップを用いて、変異体の面積分率を測定し、その値は0.13〜0.20の範囲内であった。したがって、親BCCからの非常に遅い変換(すなわち、IFZMプロセスが5日間持続した)の間に、変異体は核生成および/または増殖事象を支配しなかった。これは、大きなO単結晶の成長が困難であることを示している。

"誘導 - 浮遊帯域溶融を用いて処理されたO + BCCTi 2 AlNb合金の微細構造、引張りおよびクリープ挙動""、CJ BoehlertおよびJF Bingert、Journal of Materials Processing Technology、117,400-408(2001年)。