鋼の引張りサンプル電子後方散乱回折(EBSD)

残留フェライトマトリックス中にオーステナイトを示す非常に粗い粒子を有する鋼の引張サンプルからのマップ。

T45°約100°の方位差分布関数(MDF)のピークは、fcc格子からbcc構造を生成する最小原子移動のベイン関係に相当します。 (bcc格子の(001)面の[110]方向とfcc格子の[100]方向とが一致する)。すべてのスキャンのMDFはここに示したものと非常に似ていました。

Steel Tensile Sample Electron Backscatter Diffraction (EBSD)

Steel Tensile Sample Electron Backscatter Diffraction (EBSD)