残留オーステナイトを含むベイナイト鋼における配向組織像法(OIM)のバリエーション選択のミクロテクスチャ特性

提供:John J. Jonas教授、McGill大学冶金学科、カナダ、モントリオール

オーステナイト粒がフェライト、ベイナイトまたはマルテンサイトに変態するとき、Kurdjumov-Sachs配向関係は、24の異なる配向の粒子が形成されることを必要とする。しかしながら、オーステナイト変形の間に活性であるスリップシステムに関連するバリエーション選択は、これらの方向のほんの一部分の出現をもたらす。

残留変態オーステナイトを含むベイナイト鋼で相変態中の変態選択現象を調べた。鋼は、Tnr(最小再結晶温度)未満でオーステナイト温度範囲でe = 0.8の真歪みまで熱間圧延された。ベイナイトのシーブと親オーステナイト結晶粒の間の配向関係をOIMを用いて決定し、ロドリゲス空間で表した。この研究では、0.8の変形が著しい変異体選択を導くことが示された[1,2]。

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite

Figure 1 - 旧オーステナイト粒の配向のND(左)およびRD(右)逆磁極図

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite

Figure 2 - 2のオーステナイト粒の変態に起因するベイナイトシーブの配向のND(左)およびRD(右)逆磁極図の描写

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite
Figure 3 - ロドリゲス・フランク(RF)空間に表示されたKurdjumov-Sachs最小角度回転軸の位置。ここでは、親オーステナイトの結晶を基準フレームとみなしています。この変種は、ビショップとヒル記法[2]のaIから-dIIIまで1から24のラベルが付いています。

Microtextural Characterization of Variant Selection of Orientation Imaging Microscopy (OIM™) in a Bainitic Steel Containing Retained Austenite